マレーシア生活情報の中心地、日本人会内オフィスにてMM2Hビザの申請代行、及びマレーシアの ロングステイのサポートを行う専門企業

MM2Hビザとは?

MM2Hとは、Malaysia My 2ND Home Programmeが正式な名称で、 その頭文字をとってMM2Hと一般的に言われています。 MM2Hは、マレーシアの観光文化省が書類審査をして移民局がビザを発給。

MM2Hビザの魅力

① 発給後10年間滞在が可能な移住ビザ
② 10年間滞在・居住の義務が無い、出入国自由なビザ
③ 10年の期限満了後に、更に10年間の更新が可能
④ マレーシアの銀行に口座開設が可能
⑤ 自動車の購入等に免税などの優遇が受けられる

申請代行
1. MM2Hビザ取得の経済条件(2016年2月現在)

① 申請時点 【資産基準】
50歳以上 約980万円(35万リンギット)
50歳未満 約1,400万円(50万リンギット)
・預金、有価証券等の合計 ・ご夫婦で申請する場合は、配偶者の資産と合算可能 【収入基準】収入 月約28万円(1万リンギット)
・年金、給与、役員報酬、投資利子、家賃収入等
② 書類審査後 ビザ取得時
50歳以上 約420万円(15万リンギット)の定期預金口座を開設
50歳未満 約840万円(30万リンギット)の定期預金口座開設
1年経過後、住宅購入、医療費、お子様の教育費、新車購入に限り、50歳以上の方は 5万リンギット、50歳未満の方は15万リンギットを引き出すことができます。 (観光局へ1部定期預金引き出しの手続きが必要)


2. MM2Hビザ申請書類・申請手続きの流れ

① お申し込み 必要書類を揃えてマレーシア政府観光省のマレーシアマイセカンドホームセンターに 提出いたします。
(弊社にて必要書類のご案内および作成要領をご案内いたします。
 また申請前の一式書類チェックも致します。
 またこれらの作業はお客様が日本にご滞在のままで実施可能です。弊社までご郵送ください)
② 観光省の申請受理後2ヶ月~3ヶ月で「仮承認レター」が発行されます。
③ 「仮承認レター」の発行後6ヶ月以内に本申請を行います。
 本申請に必要な事項:
・当地銀行に15万リンギット(30万リンギット:50歳未満)の定期預金口座を開設し、証書と移民局宛のレターを得る。
・当地医療施設にて健康診断を受け、所定の用紙に医師から署名をもらう
・当地にて有効な医療保険に加入し、その保険証明書を得る(60歳以上は不要)
④ 上記書類取得後、移民局にて本申請を行います。 移民局ではビザ費用実費のお支払いが必要です。
一人当たり最大で1,400リンギット(RM90 Xパスポート残存年数+シングル入国ビザ費用500リンギット)ご夫婦で最大2,800リンギットになります。

申請にご用意いただく書類

① パスポートサイズのカラー写真4枚
② パスポートの全ページのコピー(認証要)過去1年以内に更新している場合、前のパスポートも必要です。
③ 過去3ヶ月分の資産証明書(英文)
④ 過去3か月分の収入証明(年金、給与、納税関係書類等)
⑤ 戸籍謄本の原本
⑥ 最終学歴および過去10年間の職隷書
⑦ 健康申告書 指定のフォームを当社がご用意いたします。
⑧ 資産証明書に関してのまれーしあせいふによる金融機関等確認の同意書
⑨ 勤務先および給与に関するマレーシア政府による金融機関等確認の同意書
⑩ 対同社に対する責任宣誓書 子供(21歳未満)
⑪ 無犯罪証明(犯罪経歴証明書)日本居住地の都道府県警察本部にて取得 その他の書類は弊社でご用意いたします。

MM2H申請手数料

弊社はビザ取得から現地での生活まで完全サポートさせていただきます。 これまで弊社は審査合格率100%と確実です。事前に十分にご説明させていただき、 ご相談をお受けいたしております。

MM2Hビザ取得代行費用 190,000円

【お一人、ご夫婦の場合も同一料金にて承ります】
ご夫婦に加えて21歳未満のお子様(扶養家族)を帯同される場合、 お一人につき25,000円追加

料金に含まれているもの

1.観光省申請に係わる書類の代行作成およびアシスト
2.保証人としての認定(Personal Bond) 弊社が一定範囲での保証人になります
3.政府認可会社として書類代行提出
4.仮承認レター発行可否の観光省への確認と受領
5.定期預金口座開設の同行
6.医療保険の申請アシスト
7.医療施設への同行および署名受領アシスト
8.移民局専門窓口でのビザ取得

代行費用とは、観光省への申請から第一次承認(仮承認)までの全ての作業、および 本申請に必要な全ての作業(銀行口座開設お手伝い、健康診断お手伝い、医療保険申し込みお手伝い、移民局ビザ取得)を含みます。
特に問題がない場合はこれでビザ取得までの全てカバーされます。
*パスポート認証をマレーシアで取る場合、日本語、英語以外の言語書類の英訳費用が必要な場合、資産証明書が日本語の場合は上記の費用に含まれません。

その他必要となる実費

1.医療保険料(実費)・・・60歳以上は不要
2.健康診断料(実費)・・・お一人様RM30~RM80程度
3.移民局へ支払うビザ代(実費)・・・RM90-xパスポート残存年数+ビザ切り替え費用RM500/-
 最大でお一人様RM1400/- 移民局へ現金払いとなります。
以上3件は弊社の代行費用に含まれません。